■■マスクなしでペインターで人物の肌を塗る■■

フォトショップで下色を塗ってチャンネルマスクを作るのはめんどくさい。
いきなりペインターで塗っちゃいま〜す

STEP4 レイヤーの選択

現在のレイヤーの状態。
フォトショの背景レイヤーはペインターではキャンバスと表現されます。
このキャンバスに色を置いていきます。
線画の線でない部分を透明にしていない場合は、下に色を置いても見えないので、線画のレイヤーモードを「乗算」にします。
ここでは線画以外は透明なので、そのまま。

STEP5 肌を塗る

筆ツール(丸筆)を選んで、薄めの色で肌を塗っていきます。
筆の太さを色々替えながら、はみ出してもイイのでドンドン塗っていきます。

光の当たる方向を意識して、影が何処に出来るのかを考えると楽しいです〜。

影が失敗したらにじみツールでぼかします。
そうしながらどんどん塗っていきます。

どんどんどんどん塗っていきます(笑)

出来ました。

細かいところは後で修正するので、こんなもんで。
もう一人人物がいるので、それも塗ったら肌完成〜。

そしたら「全てを選択」でキャンバス全体を選択した後、メニューバーの「選択範囲」から「レイヤーに変換」を実行します。
するとキャンバスにあった絵が新しくできた「レイヤー1」に移動しました。
この時点で、キャンバスは再び白紙になります。

新たに出来た「レイヤー1」は一番上になるので、こんな状態になります。

「レイヤー1」を「乗算」にすると線画が透けて見えるので、はみ出た肌の色を消しゴムツールで消します。
消しゴムではみ出しを消してからキャンバスをレイヤーに変換してもどっちでもオッケー。

はみ出しを消して肌部分が完成しました。
「レイヤー1」は「肌」とか自分が分かりやすいように何でもイイので名前を付けておきます。

あと、肌レイヤーの上に線画レイヤーを置いてもいいんですが、どっちにするにしても肌レイヤーを「乗算」にしておかないと、次にキャンバスに色を置くときに、それが見えなくなって慌てますので、忘れずに乗算にしておきます。

STEP6 肌が完成

肌が完成しました。
次はまた「キャンバス」に服の色を置いていきます。

次は、服に色を塗って行きます


 


■■■■■■■■■■■■
copyright(C) Masataka Tokinaga All Right Reserved.